クハ104−501
   奈 良→新和歌山→日根野  【SW001】

2010.01.06  五 条  P:戸部 幸夫     

2006.07.16  王 寺  P:田中 將貴     


【解説】
   1984(昭和59)年にモハ102−1031を電装解除+先頭車化改造した車輌。戸袋窓が埋められているほか、サッシュが上段下降下段固定型の黒サッシュに交換されている。WAU202による冷改を受けているが、一見すると非冷房車のようである。3位寄(写真左奥側)にトイレが設置され、その部分の窓が埋められており、床下には汚物処理装置も見える。
 2009(平成21)年より桜井線・和歌山線の観光促進と利用促進を図るために、車体全面をラッピングした「旅万葉号」に抜擢され、車体側面には藤原鎌足、柿本人麻呂、額田王の人物像や各歌人が詠んだ和歌、畝傍(うねび)山、耳成山、三輪山、鳥見山の風景が描かれた高貴なデザインとなった。
(最終更新日:2015年02月14日)              

▲メニューへ戻る▲